本文へスキップ

国民と自衛隊とのかけ橋として... 山口県隊友会

活動報告REPORT

山口県隊友会長挨拶(平成30年New!


             公益社団法人隊友会 山口県隊友会会長 高橋 佳嗣
活動報告写真


新年明けましておめでとうございます。
隊友会会員の皆様並びにご家族の皆様におかれましては 健やかに新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
隊友会は@公益目的事業の定着化により会活動の活性化を図る。A山口県内自衛隊各基地等の活動・業務に支援・協力する。B予備自衛官の支援、殉職隊員等への慰霊・顕彰事業を行う。C地域の健全な発展に寄与する事業を行う。ことを4本柱として会基盤の充実強化と会員相互の融和団結並びに会の魅力化に努めることを目標として掲げ活動して参りました。
各支部長を中心とした全会員の皆様の協力による活動・行動力は素晴らしく、隊友会としての念願であった会勢の充実強化の面においても会員の減少傾向に歯止めがかかる等、好転化も兆しが見えてきました。
 防災ボランティア活動では、各市町単位の防災訓練に会員の多くが積極的に参加していただき地域との絆を深めてくれました。特にH28年末 県と隊友会との間で締結した防災関連の協定書の存在と併せ、5月下関地区で実施された山口県総合防災実働訓練に下関支部中心に山口・防府支部の皆さんが参加してくれて、県及び住民の皆様から大きな感謝の意が示されました。
 殉職隊員・英霊の慰霊・顕彰活動では 山口県護国神社や陸軍墓地等での慰霊祭を始め各地区での回天・陸奥・佐久間艇長等慰霊祭そして陸・海・空各自衛隊の慰霊祭にも積極的に参加してくれて、関係者との交流を図っていただきました。
 一方、我が国周辺地域を巡る国際環境は 極めて高いレベルの緊張状態にあると言えます。
  中国は海・空軍の近代化を一段と加速するとともに東・南シナ海での強権的な軍事活動に加え 近年では西太平洋への進出活動も活発化して我が国との緊張状態も一段と激化しています。また朝鮮半島情勢は韓国国内の対日目的の政治的な強圧に加え、北朝鮮の核・ミサイル発射事案は緊迫化の一途をたどり、我が国の防衛上目が離せない状況になっています。我が国は安倍首相の強い決断力・指導力により憲法改正を正式な政治日程に挙げ、国会審議に提議すべく党内議論を加速するとともに野党にも呼びかけて本格的な議論がされようとしています。今こそ憲法を改正して自衛隊を国家の独立と平和、国民の生命・財産を守る部隊として正式に位置づけ、それに相応しい処遇・待遇を与え、命を懸けて国家防衛のために活動する自衛隊に対する十分な支援体制と安心して活動できるための法的根拠と権限が付与されるためにも憲法改正の早期実現を目指して全力で応援活動をしていくつもりです。また自衛隊の皆さんが安心して任務にまい進できるように、万一の時に留守家族に対して支援・協力で出来る態勢を他の協力団体と一緒になって作りたいと活動中です。
 隊友会として永年の検討課題であった会費制度改正についても会員同士の不公平感をなくすため終身会員制度を廃止して年会員制度に一本化されました。(293月末)活動資金がなくては隊友会としての活動が極めて制限されてしまいます。昨年の総会でも詳しく説明させていただきましたが、特に終身会員として活動していただいた会員の皆様にはその趣旨を良くご理解していただき、毎年寄付金としてのご協力の程よろしくお願い申し上げます。
 平成30年におきましても隊友会として自衛隊の諸活動に対する積極的な協力・支援、自衛隊と県民との架け橋としての活動、殉職隊員・英霊に対する慰霊・顕彰活動、地域住民と一体となった防災ボランティア活動等を通じて、自衛隊OBとしての実力の発揮と県民からの信頼獲得に努め、公益社団法人隊友会としての発信力を高めてゆきたいと思っています。
 終わりとなりましたが重ねて隊友会会員・ご家族の皆様のご健勝・ご多幸を祈念しまして新年の挨拶とさせていただきます。

山口県隊友会活動内容


平成26年度山口県隊友会公益事業実績

事      業      名 実     績 摘   要
小項目(実施事業の内容) 人 員 時 間
1 防災ボランティア活動
26
2 県・市等の防災訓練等への参加 66
157
3 県民体育大会等協力

4  高等学校等陸上競技大会等の支援
5 北方領土返還要求街頭活動
6 防犯パトロール活動

7 追悼式会場案内等支援活動
8 災害派遣部隊の激励
9 創立記念行事等への協力 152 558
10 部隊の訓練等の激励 34 84
11 PKO等派遣部隊への激励
12 募集等協力・支援(新隊員激励等含む) 34 90.5
13 資料館案内協力
14 駐屯地等の清掃協力
15 スポーツ等の指導等 4 1180
16 交通安全指導・登下校時の監視 14 861
17 地域子供会等の行事等への協力 1 6
18 公園等の清掃 13 276
19 児童通学路等の整備作業 2 10
20 野焼等の支援
21 障害者運動会等の支援
22  介護移送等支援
23 老人ホーム等の慰問 1 12
24 例大祭支援(地域文化の伝承) 147 458
25 地域観光活動支援 5 34
26 予備自衛官召集訓練激励
27 予備自衛官に対する講話等
28 講演会の開催 58 104
29 防衛に関する諸問題の調査研究に関する事業
30 殉職自衛官の慰霊祭 21 28
31 戦没者慰霊碑等の清掃 24 63
32 護国神社戦没者慰霊祭支援 24 45
33 護国神社等の清掃 83 212
34 遺族会議協力支援
35 訪問激励等
36 その他 152 492 建国,成人行事
合        計 845 5071

平成27年度山口県隊友会総会を開催


 総会
 ●日 時  平成27年7月5日(日)
   1000〜1400
 ●場 所 ホテル 西の雅「常磐」
 ●次第・時程  
  ◆ 役員会 1000〜1110
  ◆ 総 会 1115〜1210
  ◆ 懇親会 1230〜1400

 来賓に宮木山口地方協力本部長を迎え、
平成26年度山口県隊友会総会を開催。4名の隊友会理事長表彰の伝達、13名の山口県隊友会長表彰を実施。25年度の事業実績報告及び26年度事業計画を説明した。
 引き続き、江島参議院議員及び海上自衛隊第31航空群司令他、多数のご来賓のご出席のもと、盛大に懇親会を開催した。











  
※ ブログを見る


山口地本60周年記念講話及び記念祝賀会を共催


山口県隊友会では、山口地本60周年記念行事開催に際し、「記念防衛講話及び記念祝賀会」を共催した。

記念講演 
 講師 産経新聞政治部専門委員 野口 裕之 氏
 演題 日本の安全保障における今日的課題
記念祝賀会
 山口県隊友会長が主催者代表として祝辞を述べ、最後まで和気藹々とした雰囲気の内に記念行事を終了した。





※ ブログを見る

山口県隊友会

〒753-8691
山口中央郵便局私書箱59号

TEL 083-922-2325(取次)

mail: ymtaiyu@mbr.nifty.com